自主ライブイベントを開催してみよう

~もくじ~

バンドマンなら憧れるワンマンライブ







自分たちのバンドだけでステージを作り上げるワンマンライブは、
バンドマンの憧れではないでしょうか。

もちろん、ワンマンライブをおこなうにあたってはハードルが高く、
ステージの構成などを自分たちで考えなければなりませんし、
集客や運営も自分たちで行うため負担も大きく大変ではあります。

しかしながら、だからこそ達成感が強く、やりがいを感じられますし、
何よりも自分たちだけのライブというのはやっていて気持ちがよいです。

また、ワンマンライブでなら、自分たちの世界を作れますので、
自分たち好みのステージにできるというのも魅力でしょう。

ワンマンライブが開催できるのは、それだけ実力があるということの、
ある意味証明にもなります。

そう考えると、ワンマンライブの開催というのは、バンドマンのステイタスかもしれませんね。
いくら規模が小さくても自分達の演奏を聴きに来てくれる場を作れるのはバンドをやっている人なら、一つの目標だよね!だけどただの理想だけでは出来なのもワンマンライブの難しさ!冷静に確実にワンマンライブに向けての準備や企画は行なっていく必要があるよ。

ワンマンライブが不安なら自主開催の対バンライブ




もし、ワンマンライブを開催するのがまだ早いと感じるのであれば、
自主開催の対バンライブを企画してみるのも一つの手でしょう。

自主開催であれば、対バンライブであっても、
ある程度は自分たちの色を出すことができますので、
好みのステージに近づいた演出をすることが可能です。

また、対バンライブであれば、他のバンドの集客にも期待できるため
会場がガラガラというような事態を防ぐことができますし、
持ち曲が少なかったとしても時間を埋めることができます。

対バンライブにする際には、自分のバンドの世界観に合ったバンドを探して誘うとよいでしょう。


集客が見込めてから企画しよう







ワンマンライブを開催する目安として、
ある程度集客が見込めるようになってからにするとよいでしょう。

自分たちにどのくらいのファンが付いているのかというのは、
普段の対バンライブでの評判や集客などで何となく分かるはずです。

もし、あまり集客が見込めない状態であるにも関わらずワンマンライブを開催してしまうと、
内輪で盛り上がっているだけでお客さんが入らず大赤字になってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、今後の活動にも支障をきたしますので、
集客の目途が立ってから、ワンマンライブに挑戦するのがおすすめです。
自主ライブは成功すれば大きな収益になる半面、失敗すれば大きな損失を生み出す。僕の友達で大きな会場を借りて自主開催のライブを行なった人が、想定の半分以下の集客になってしまって、ライブハウスに借金をしたという話もあったよ・・・ご利用は計画的に!

他のライブイベントを参考にする




漠然と「ライブがやりたい!」と思っても、
初めて行なう自主ライブではどんな風に企画や運営をしていけばいいか分かりませんよね。
実際に自主ライブの準備に取り掛かる前に、
他のバンドさんやイベント企画会社などが行なうライブイベントに足を運んでノウハウを参考にすることをオススメします。
ただライブに行くだけでは、企画の裏側を知ることは難しいので、
実際に運営者の方と話してみて、どんな準備をしてきたのかや、
宣伝や集客方法についても意見を聞ければ理想的です。

実際にこういった活動はただ単にノウハウの参考になるだけでなく、
今後もしかすると、そういった方々とのコラボレーションも実現できる可能性も出てきますので、
人脈作りの一環としても、こういったライブ主催者との交流は、
今後自主ライブを検討されている方にとっては、
大きな収穫になるチャンスでもあります。
もしアナタがバンドをやっているなら他のアーティストのライブに足を運ぶことは、ただ単にライブパフォーマンスを参考にするだけでなく、音楽以外の集客の魅力を知るきっかけにもなる。例えば歌が下手くそな人でも、人柄が良くてトークが上手なだけで十分にお客さんを集める能力がある人だっている。ただ音楽にフォーカスするだけでなく、広い目線で沢山のライブを参考にしてみてね!

ライブハウスの利用料を必ずチェック

いざ自主開催のライブを企画しようと思い立ったら次は会場をどこにするかを決めなくてはいけません。
ライブハウスは調べてみるといたる所に存在します。
良くいく駅でも実は知らないだけで、ライブハウスがひっそりとあったりします。
どんな会場でライブをしようかと考えるのはとても楽しいことですが、
何よりも大事なのはライブハウスの利用料です。
場所や会場の大きさによっては、給料の数か月分の利用料が発生するようなライブハウスも存在します。
また、曜日や時間帯によって料金が変わるライブハウスもありますので、
ライブハウスのHPだけでチェックするだけでなく、実際に電話で担当者に確認することも忘れてはいけません。
また、使用機材もレンタル料が掛かったりするライブハウスも存在します。
私が実際に経験した話なのですが、あるライブハウスを借りようと思い、
下見に行った際、ドラムがステージに無く「ドラムはどこにありますか?」と聞いたところ、
「ここのライブハウスはドラムを置いてないので使う場合は業者にレンタルしてもらっています」と言われた経験があります。
うっかりライブハウスのHPの写真の雰囲気に飲まれて電話だけで予約しないで良かったなという経験でした。
可能であれば実際に下見に行って会場の雰囲気を確認したり、控え室や使用できる機材の有無を細かくチェックすることで、
ライブハウスを借りてから余計な出費を出さずに済みます。

ライブイベントの経験を積むのに最適なスーパーアマチュアライブ







自主ライブの開催はベテランのバンドマンでもなかなか企画するのが大変なものです。
ですがファンやサポートしてくれる人が少しでも多ければ、
ライブの企画運営はとても楽になります。
活動を進めていく上で、自然とそういったファンや協力者は増えてきます。
そんなファン獲得や、ライブ経験を積み重ねるのに有効的なイベントがスーパーアマチュアライブです。

このイベントでは、毎回数多くの初心者バンドさんが共演を行なっています。
そのため、それぞれのアーティストの演奏を見に来るお客さんで会場がにぎわっていますので、
自分達の音楽を聴いたことがない人たちに向けて音楽を届けることができます。

実際に、このスーパーマチュアライブに出演して、
ライブイベントを企画している代表の人から声がかかり、
大き目のイベントに招待されたバンドさんもいらっしゃいました。
スタートして間もない方々は、このスーパーアマチュアライブでチャンスを見つけてみるのと同時に、
ライブ経験を積み、今後の活動の土台にされてみてはいかがでしょうか。

スーパーアマチュアライブは年に2回のペースで開催されていて、
主にバンドを結成して間もない初心者の方をメインに出演されているイベントです。
ライブの詳細は以下からチェックされてみてください!


スーパーアマチュアライブ


初心者の方でもライブ出演を体験できるだけでなく、音楽関係者のひとも御忍びで演奏を聴きに来るイベントなので、このスーパーアマチュアライブで思いがけない評価を受けられるかもしれないよ!
~最新のニュース~
更新日:2019年4月24日
東京でジャムセッションを行っている音楽サークルでの演奏アドバイス
更新日:2019年4月23日
恋人が出来る!?音楽サークルの恋愛事情
更新日:2018年9月15日
意外と多い!ライブでの機材盗難の怖い話
更新日:2018年9月14日
自主ライブイベントを開催してみよう
更新日:2018年9月13日
バンドにドラムが欲しいなら音楽サークルで探せ!
更新日:2018年9月13日
良いバンドを作るためには「ボリューム」に気を付けよう
~過去のニュース~
更新日:2018年4月27日
激安価格のコンサート・演奏会のチラシ作成サービスを活用しよう
更新日:2018年5月25日
格安価格でアー写撮影ができる新宿のドレスルームアミフォトスタジオ
更新日:2018年5月22日
音楽活動で使う宣材写真撮影に挑戦
更新日:2018年6月4日
ライブを上手に演出する為のワンポイントアドバイス
更新日:2018年1月23日
超初心者を対象にしたスーパーアマチュアライブにしよう出演