他のパートの楽器を理解して演奏技術を向上しよう

自分のパート以外の楽器に挑戦

演奏技術を向上させるためには、自分のパート以外の楽器も挑戦してみるとよいでしょう。固着しないで他のパートに演奏方法を教えてもらいながら挑戦することで、普段とは違う刺激的な体験ができます。別の楽器の良さを発見することができ、あらためて音楽の魅力を再発見するよい機会となるのではないでしょうか。音楽の楽しさを味わえることで、モチベーションを高めることにも繋がるでしょう。また、他の楽器にチャレンジしてみることで、別の角度から自分のパートの魅力に改めて気づくこともできるかもしれません。ぜひ積極的に別のパートを演奏する機会をもうけ、音楽的な知識を高めていきましょう。
 

今まで気が付かなかった事に気づける

別の楽器に挑戦することで、今まで気づくことが出来なかった事を発見することができ、それがテクニックの向上にも繋がります。例えば、リズムの取り方や他の楽器の聴こえ方が変わり、自分のパートを演奏する際の参考になるでしょう。良いアンサンブルをするためには、他の楽器のことに関しても知っておくのは意外と大切です。他の楽器を把握しておくことでタイミングや音合わせがスムーズにできるようになりますので、遠回りに感じるかもしれませんが他の楽器にも興味を持ってみましょう。
 

マルチプレイヤーは重宝される

他の楽器を練習することで得られるメリットとして、マルチプレイヤーは重宝されますから、自分の活動の幅を広げるチャンスを得やすくなる点が挙げられます。色々な楽器を弾くことができると、他のバンドから誘われたりと、チャンスが広がるため自分自身の成長に繋がるでしょう。いろんな楽器が出来る方が急な穴埋めなどにも対応できるため、バンドからしたら有り難い存在です。そんなマルチプレイヤーを目指してみるのもよいかもしれませんね。  

より自分に向いている楽器が見つかるかも

普段、自分が演奏している楽器が自分に合っていると無意識のうちに思っているかもしれませんが、一度演奏してみるとより自分に向いている楽器を見つけられる可能性があります。自分の楽器で花開くことがなかったとしても、楽器を変えてみたら成功した…という方もいらっしゃいます。考え方を柔軟にし、試しに他の楽器を演奏することで自分の新たな才能に気づくチャンスを得られるかもしれません。
更新日:2018年9月15日
意外と多い!ライブでの機材盗難の怖い話
更新日:2018年9月14日
自主ライブイベントを開催してみよう
更新日:2018年9月13日
バンドにドラムが欲しいなら音楽サークルで探せ!
更新日:2018年9月13日
良いバンドを作るためには「ボリューム」に気を付けよう
更新日:2018年9月11日
他のパートの楽器を理解して演奏技術を向上しよう
更新日:2018年9月10日
売れたいと思っている社会人バンドの諦め時って?