お金を掛けずにバンド演奏に加わる方法

~もくじ~



お金のかかるバンド活動







お金のかかる趣味というと、真っ先に思い浮かぶのが「楽器」という人がほとんどでしょう。
実際、楽器をしていると沢山のお金がかかります。
楽器自体を買わなければいけないこともそうですし、きちんと手入れするための道具の購入などで継続的にお金がかかるものです。
そこにバンド活動も加わると、練習スタジオに入るためのお金や、ライブを開催するためのノルマ・場所代など、突き詰めれば突き詰めるほどどんどん出費はかさんでいきます。
しかし、バンドをしたい!という人がみんなこれだけのお金を出せる訳ではありません。
「お金がないけどバンドはしたい」という人はどうしたら良いのでしょうか。
音楽はやっている人なら分かると思うけど、こだわりがあったり長く続けていこうと思うと沢山のお金が必要になる。お金を掛けようと思えばいくらでも掛けられるのが音楽。だけど一概に全てのパートがお金が沢山必要な訳ではないんだ!

コストが安いパートでバンドに参戦




バンドの中でもお金がほとんどかからないパートというものがあります。
それは、「ボーカル」と「ドラム」です。
ボーカルは必要なものが特にないため当然でしょうが、「ドラムこそお金がかかりそう」と思う人は多いのではないでしょうか。
実は、ほとんどの練習スタジオにドラムセットが設置してあるため、ドラムはドラムスティックさえあれば始められる楽器です。
ドラムスティックの値段層は幅広いですが、安くて1000円以下ほどで買うことができます。
また、タウンページや漫画雑誌などの分厚い雑誌にガムテープを巻き付けたものをドラムに見立てて練習するなど、工夫をすれば家での練習も十分可能です。
ドラムをやっている人で自宅にドラムセットや電子ドラムを置いている人って結構少ないんだ!スティックしかもっていないって人も沢山いるよ!かといって練習が疎かになるかと言えばそうでもなくて、イメージトレーニングもドラムにおいては効果的な練習で、ある程度スタジオで練習してその感覚を頭の中でイメージしたり、動画を見てエアードラムで練習して上達した知り合いもいたよ。あとボーカルも声が出せればどこでも練習ができるから、環境や機材にお金を使う必要が少ないね!

バンドサークルはお財布に優しい




前途したものを実践しても、練習スタジオ代やライブ費用などはどうしてもかかってしまいます。
また、「いや、どうしてもギター・ベースがやりたい!」という人もいるはずです。
そうした問題点を解決するためには、やはりバンドサークルに入るのが一番良いでしょう。
まず、バンドサークルはスタジオを所持している所も多く、練習スタジオ代などの継続的な出費がありません。
また、練習スタジオを使用するには予約などが必要ですが、そういった煩わしいものもなく「行きたいときに行ける」のが最大の利点でしょう。
その上、無料で楽器を貸してくれるというサークルもあるため、ギターやベースをやりたい人には特におすすめです。
サークル内ライブなどを開催する所もあるため、そうなるとかかる出費は部費ぐらいになり、圧倒的にお金がかかりません。

バンドをしていく上での最大の敵は出費です。
「バンドをしていたけどお金がかかるからやめた」という人も少なくないでしょう。
長く続けていくためにも、できるだけ出費を抑えて、負担なく楽しくバンドをしていきましょう。
ロンリーサンデークラブのバンドサークルにギターやベースで参加される方はレンタルが無料で行なえるので、金銭的に楽器を買う余裕が無いという人でも安心してバンド演奏をはじめられるよ!それにツイッター割引を使えば無料で演奏体験もできるから、ぜひ活用してみてね!
~最新のニュース~
更新日:2019年4月24日
東京でジャムセッションを行っている音楽サークルでの演奏アドバイス
更新日:2019年4月23日
恋人が出来る!?音楽サークルの恋愛事情
更新日:2018年9月15日
意外と多い!ライブでの機材盗難の怖い話
更新日:2018年9月14日
自主ライブイベントを開催してみよう
更新日:2018年9月13日
バンドにドラムが欲しいなら音楽サークルで探せ!
更新日:2018年9月13日
良いバンドを作るためには「ボリューム」に気を付けよう
~過去のニュース~
更新日:2018年8月30日
つまらないライブからの脱却!バンドマンはパフォーマンススキルを磨こう
更新日:2018年6月1日
東京都内で路上ライブで演奏をしてみよう
更新日:2018年2月2日
ギターとベースこらから始めるならどっち?
更新日:2018年8月31日
初心者からバンド活動を始める為の3つのアプローチ
更新日:2018年9月11日
他のパートの楽器を理解して演奏技術を向上しよう