つまらないライブからの脱却!バンドマンはパフォーマンススキルを磨こう

世界観も大事だが楽しくないライブにはお客さんは来ない


クールにすましたMCをする、もしくは全くしないバンドというのは見ていて憧れます。
しかし、そういったバンドに憧れて真似しても、なかなか評判が良くなかったり、ファンがつかなかったりしたことはありませんか?
ああいった、クールにすましていてファンがつくバンドというのは、大抵は実力派のバンドです。
実力が至って平均の普通のバンドがクールにすましても、カッコつけているようにしかようにしか見えずに、ファンがなかなか付かないことは大変多いです。
普通のバンドであるという自覚があるバンドマンであれば、お客さんを楽しませることに重点を置いた方が良いでしょう。
しかし、身内だけにしか通じないような面白さは厳禁です。
そこにいる全員を楽しませる努力をし、お客さんに「今日のライブ楽しかった」と思わせることで、ファンになってもらうようにしましょう。

色々なライブに足を運んで研究する


バンドによっては、その人たちなりの拘りを持ったパフォーマンスをしている人たちも少なくありません。
そういったバンドは、その人たちなりにお客さんを楽しませる工夫をしています。
楽しませることに重点を置きすぎず、何かひとつ拘りを持っているバンドというのは自然とファンもついていきます。
そういうバンドが身近にいる場合、もしくはファンが沢山いるバンドが身近にいる場合、ライブを見に行って参考にするのもひとつの手です。
また、ひとつのバンドを参考にするのではなく、色々なバンドのライブを参考にしましょう。
そうすることで、自分たちのバンドが目指すべき且つ合っているパフォーマンスというものが見えてくるでしょう。

率直な意見を他のバンドの人やお客さんに聞く


パフォーマンスの良し悪しをライブ後にダイレクトに聞いてみるというのも、パフォーマンスを向上させるためのひとつの手です。
ライブ後に直接聞くことで良かった点も悪かった点も、全て返って来るでしょう。
「あの曲は全然ダメだった」とか、「あのMCは何言ってるか分からなかった」など、辛いことも言われるでしょう。
しかし、そういった客観的意見を知っているということは、バンド内だけで意見を出し合って反省会をするよりも大きな収穫が得られます。
貰った意見から、なぜダメだったか・伝わらなかったかをバンド内で話し合うことで、今まで見えてこなかったパフォーマンスの問題点も明確になり、改善しやすくなるでしょう。
更新日:2018年9月15日
意外と多い!ライブでの機材盗難の怖い話
更新日:2018年9月14日
自主ライブイベントを開催してみよう
更新日:2018年9月13日
バンドにドラムが欲しいなら音楽サークルで探せ!
更新日:2018年9月13日
良いバンドを作るためには「ボリューム」に気を付けよう
更新日:2018年9月11日
他のパートの楽器を理解して演奏技術を向上しよう
更新日:2018年9月10日
売れたいと思っている社会人バンドの諦め時って?