バンド活動において超大事な人間関係

バンドの解散理由で一番多い「人間関係のもつれ」


バンドというのは様々な人が集まってなるものですから、考え方も様々なものが集まっています。
そのため、最初は同じ目標だと思っていたのがだんだんと時間とともに変化していくこともあります。
例えば「上を目指そう!」という目標を自分は「メジャーデビューなどしてプロになること」を指していたのに他のメンバーは「プロアマ関係なく上達していくこと」だと思っていたとか、みんなでプロを目指していてもメンバーが就職や結婚などして環境が変わることで考えも変わってしまったなど、どんなに仲が良かったバンドでも、人間関係がもつれることはあります。
また、はた目から見てどんな目標も達成できそうな実力のあるバンドでも、人間関係のもつれで解散することは多いです。
人間関係のもつれはちょっとしたことで生まれます。
そのちょっとしたことを気にすることができない人は、バンドが長続きしないかもしれません。

リーダーの振る舞いがバンド継続を左右する


バンドにおいて、特に決めたりしなくても、振る舞いなどで自然と発生する役割がリーダーです。
バンドという集団行動をするにあたって必要不可欠なリーダーですが、同時にバンドの継続を左右する重要な役割でもあります。
リーダーの振る舞い次第では、バンドを解散に追いやることもあるのです。
特に、ワンマンタイプのリーダーはメンバーが離れていきやすく、いずれ解散に陥りやすい傾向にあります。
リーダーはしっかりメンバーの意見を聞き、決断すべき時は決断するなどメリハリをつけることが重要です。

金の切れ目は縁の切れ目


金の切れ目は縁の切れ目とはよく言ったもので、バンドに関しても例外ではありません。
プロアマ関係なく、売り上げを盗んだとか貸した金が返ってこないとか、そういったお金のトラブルで揉めて解散するバンドは一定数います。
そのため、個人間はどうすることもできませんが、バンドに関するお金はオープンでクリーンに、且つフェアにしていかないといけません。
練習スタジオ代やライブハウスの箱代、ノルマ、売り上げなど、バンドで発生するお金のやりとりは沢山あります。
沢山あるからこそ全てオープンにしていかないと、少しの間違いでも大きなトラブルに発展していくことになります。
また、「アルバイト生活で金がない」「仕事でボーナスが入った」など個人的な事情で何かの支払いに差をつけることも、メンバー間のトラブルになりかねません。
オープンでクリーンに、且つフェアにすることで、お金に関する無駄なトラブルは避けていきましょう。
更新日:2018年9月15日
意外と多い!ライブでの機材盗難の怖い話
更新日:2018年9月14日
自主ライブイベントを開催してみよう
更新日:2018年9月13日
バンドにドラムが欲しいなら音楽サークルで探せ!
更新日:2018年9月13日
良いバンドを作るためには「ボリューム」に気を付けよう
更新日:2018年9月11日
他のパートの楽器を理解して演奏技術を向上しよう
更新日:2018年9月10日
売れたいと思っている社会人バンドの諦め時って?