ギターとベースこらから始めるならどっち?

ギターとベース新しく始める場合、どっちがおすすめ?

社会人になり、空いている時間を有効活用して、
ギターかベースのどちらかを始めたいという方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、楽器未経験者ですと、ギターとベースの違いがあまり分からず、
どちらを選べばよいか難しいかもしれませんね。

見た目も何となくですが、
ギターとベースは似ていますので、
余計混乱してしまうかもしれません。
今回は、そんな楽器未経験者の方向けに、
ギターとベース新しく始めるならどちらがおすすめかを紹介していきます。

幅広い奏法が可能なギター!

まず、ギターの特徴として弦の数が6本あり、
ベースと比較すると音域は高めで、
さまざまな奏法ができるという点が挙げられます。

バンドにおいてメロディーを担当することもあれば、
ソロギターで一人での演奏というのも可能で、
実にいろいろな演奏ができるため、
それがギターの魅力とも言えるでしょう。

バンドでギターをおこなう場合には、
花形の楽器ですから、目立つことも多いです。

そのため、これから始めるにあたって、
メロディーを沢山弾きたい!とかバンドの主旋律を担当したい!
という希望がある場合には、ギターの方が向いていると言えます。
また、ギターの方がベースと比較すると小さ目になりますので、
重い物が苦手な女性の方なども、まずはギターから始めてみるといいかもしれません。

バンドの心臓!低音でクールにリズムを刻むベース

ベースは、ギターとは異なり4弦から構成されている楽器で、
ギターに比べると音が低いです。
ずしんと響く低音を奏でるのが特徴で、
主にバンドのリズム担当としての演奏が多いのが特徴でしょう。

ですから、ソロで演奏するのではなく、
これからバンドを始める予定がある方ですと、
ベースは非常におすすめです。

特に、バンドにおいてはギターを演奏できる人の方が多いため、
ベースは貴重な存在として募集も多いです。

ベースはバンドではリズムを担当するため、
ギターのような華やかさはあまりないものの、
バンドの良し悪しというのはベースに左右されることも少なくありません。
いわば縁の下の力持ち的な存在がベースです。

バンド内で目立つのが苦手な方や、
リズム感覚が優れている方ですと、ベースの方が向いていると言えるでしょう。
更新日:2018年5月25日
格安価格でアー写撮影ができる新宿のドレスルームアミフォトスタジオ
更新日:2018年5月24日
仙川フィックスホールコンサートでステージ経験を積もう!
更新日:2018年5月22日
音楽活動で使う宣材写真撮影に挑戦
更新日:2018年5月21日
フルート奏者の為のコンサートにエントリーしよう
更新日:2018年4月27日
激安価格のコンサート・演奏会のチラシ作成サービスを活用しよう
更新日:2018年2月8日
楽器演奏を切っ掛けにした人との出会い